お酒の席で腹を割ってなんて話しませんよ! 

 お酒の席で腹を割ってなんて話しません。

 だって酔ってるんですよ?

 余計なこと言ってしまったらどうするんですか?

 

 それに腹を割って話したいって言ってるあなたも酔ってます。

 だからこちらの言葉を普段以上にミスリードしやすいんです。

 

 また、お酒の席は話題の移り変わりが早いものです。(人数にもよりますが)

 酔っ払った各人が喋りたいことを喋るからです。

 1つのトピックについてじっくり意見を交換して、互いの考え方を知り合うには向いてません。(サシならその限りでないのかもしれませんが)

 

 また、お酒の席で言ったことは「本心」と受け取られやすいです。

 たまたま勢いで言ってしまった言葉が「本心」と受け取られては困ります。

 

 だから、お酒の席でこそ腹を割った話なんてしたくないんです。

 

 まとめ

・酔うと余計なことを言ってしまう。

・酔うと頭が働かず、誤解なく伝えるために言葉を選ぶことをしにくくなる。

・酔うと相手の言葉について考えることがしにくくなるので、誤解が生まれやすくなる。

・酒の席は話題の切り替わりが早いため、誤解を解く時間がない。

・酒の席で言ったことは「本心」と受け取られやすい。