会話のようで会話でない

 「自分の思考に入ると相手がどうとか関係なくなる」

 

 確かにそうだった。

 相手を考える、ということを考えることに集中しすぎて、今、目の前にいる相手のことをこれっぽっちも考えられていなかった。

 

 妙な会話だったんだろうな。

 「自分がこう言ったら、相手はこう思うだろう」

 そう考えて言葉を投げてた。

 

 本当は、自分の言ったことで相手がどう思ったかを見なくちゃいけなかった。

 自分の立てた予想を確認する会話なんて、会話のようで会話じゃない。

 

 だから、あなたのことを全然分かれなかった。

 本当はもっと知りたかったのに。もっと分かり合いたかったのに。

 

 不器用すぎる。もう病的に。

 直していきたい。変わっていきたい。