読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出すのはあなたの笑った顔

 何を見てもふと思い出す。

 あなたのことを。

 

 14時半をさす時計。デートはいつもこのくらいの時間からだったな。

 たまったお皿。あなたと泊まりに行くから全部きれいにしなきゃ。

 お気に入りの服。デートに合わせて服の着回しを考えてたっけ。

 お財布の中身。ちゃんと足りてるかな?

 それから、それから、それから。

 

 でも、悲しいのとは少し違う。

 もう会えないけど、もう声も聞こえないけれど。

 

 思い出すのはあなたの笑顔。

 うれしいのがすぐにわかる笑い声。オーバーなリアクション。

 まだ顔はよく覚えてる。すてきな笑顔。

 

 思い出すと少し切なくなるけども、もうしばらくそばにいてください。

 今はあなたの笑顔を思い出すことが少し楽しくなっている。

 

 辛い時もそばで笑っていてください。がんばれるから。

 たのしいときもそばで笑っていてください。もっとたのしくなるから。

 

 あなたに出会えて、そして短い間だったけど一緒に居られて本当に楽しかった。

 本当にありがとう。すてきな笑顔をありがとう。