あの頃に戻って伝えたい

 帰り道、手を握り合って、笑顔で別れた。

 「またね」と。

 結局「また」はなくて、1ヶ月と経たないうちに「また」は二度となくなるんだよ。

 不安だからって、その気持ちを全部伝えてると相手もパンクするんだよ。

 なんとか気持ちに折り合いをつけなきゃだめだよ。

 

 「あなたに振られたら次はないと思う」

 そう言われて少し立場が上になった気分で安心したね。

 相手のことをちゃんと見なくなったんじゃないかな。

 そういうことの積み重ねで関係は終わるんだよ。

 

 「前は前、今は今」

 そう言って相手を説得したね。

 結局それができてなかったのは、言ってる本人だった。

 失うものがない時は強気でいられるけど、大切なものができるとあなたはすっごく弱くなるんだよ。

 

 あの頃に戻って伝えたい。

 どうせ分からないと思うけど。

人との距離感

 人との距離感が近いと思う。

 

 以前に自分は考え方が極端だとということを反省した。

 

hachijoukozima.hatenablog.com

 

 極端な性格は人との距離感にも当てはまる。

 仲が良いからなんでも話す。

 好きだからなんでもする。

 嫌いだから何にもしない。

 関心がないから見もしない。

 

 これが失敗の原因だと思う。

 仲が良くても超えちゃいけない部分がある。

 好きだからってなんでも受け止められるわけじゃない。

 嫌いだからってそこまですることはない。

 

 もっと柔軟に、いろんな人とうまく関わりたい。

 意識して練習しないとダメだな。

 

 よし、がんばろう。

付き合う相手が自分である必要がないと思い、苦しくなる

 相手にとって自分である必要がないと思い、苦しくなる。

 もっといい人がいると思う。

 もっとふさわしい人がいると思う。

 

 自分になにを期待してるんだろうか?

 自分はそれに応えられるんだろうか?

 

 結局自分に自信がない。

 

 売り込むにしても、相手が欲しいものがわからないとダメだ。

 それは付き合う前に確かめることだったのかもしれない。

 そのフェイズを飛ばしてしまった故に苦しんだ。

 

 とはいえ、相手の需要に完璧マッチなんてありえない。

 市場は常に動いてる。

 自分の手札も常に動いてる。

 

 偶然結ばれるかもしれない。

 そんな希望で日々をいこう。

 

 たまたまでいい。

 いつかそんな風になれると信じて生きていこう。

 

 

映画『海よりもまだ深く』

www.youtube.com

 

 

 もうどうにもならない夫婦の様が痛かった。

 自分に重なってしまって。何があったのかはわからないけど、2人はもう一緒になれないってことはよくわかる。

 どうして一緒にいるときにもっとちゃんとできなかったのか。もっとちゃんと話を聞かなかったのか。もっと信頼しなかったのか。

 失ってやっとそれが必要だったってわかった。

 救えない。本当に、まったく。

 

 どうして今を楽しめないのか。

 理想の未来があって、そうなれなかった原因を過去から探して、今ウジウジ落ち込む。こんなんじゃ今を楽しむなんかできやしない。

 だから「諦める」ことも必要なのかな。

 今ここから幸せになるために。目の向け方に気を配ろう。

 楽しいこと、ドキドキすることで昔のことを上塗りしていこう。油絵みたいに。

 水彩画みたいに下の色が透けないように注意して。

 

  

結局自分のことしか考えてなかったと思う

 自分のことをわかってくれる人って本当に貴重だなと思った。

 もし現れたら、それはきっとしあわせ。

 もう泣いて喜ぶと思う。

 

 本当は相手をわかってあげられる存在になりたかった。

 相手のことが大切だったから。

 でも、結局目指したものとは対極ものになってしまった。

 

 なんでそうなったのかと考えてみる。

 それはきっと、相手のことをわかろうとしてる自分のことばかり考えてたからなんだな。

 わかろうとしてる自分にばかり集中して、相手のことを見ていなかった。

 ちゃんと話を聞いて。

 ちゃんとやってることを見て。

 ちゃんと話し合って。

 

 こういうことの積み重ねが大事なんだよ。

 「ちゃんと」をできるかわからないけど、意識はできる。

 

 次こそはきっと。

好きだからってなんでも伝えていいわけじゃない

 言葉を尽くせばわかってくれる。

 言葉を尽くせばそれを聞いてくれる。

 という勘違い。

 

 言葉を尽くされても受け止められないものはある。

 言葉を尽くされても受け止められないタイミングもある。

 言葉を尽くされたからこそ面倒臭くなることもある。

 

 それを一般的には重いというんだと思う。

 

 相手に対して不安を感じたら、それをすぐに伝えるんじゃなくて、一旦どこかに留め置こう。

 留置きにルールを作ろう。例えば、留置きは最低三日はやるとか。

 

 そこで一旦冷静になろう。

 

 それでも冷静になれなければ、次は相手に思ってることを伝えていいか聞いてみよう。

 相手に余裕があるかどうかを確かめよう。

 

 こういうことが思いやりなんだろうな。

 次から気をつけます。

気持ちを分かり合うよりも、伝え合う努力を

 相手の気持ちがわからないと嘆いてきた。

 でも良く考えてみると、こちらの気持ちもわかってもらってはいなかったと思う。

 

 なんでそんなことを言うのかな。となんども思った。

 なんでそんなことするのかな。となんども嫌な気分になった。

 なんでそんな顔をするのかな。となんども不安になった。

 

 「わかってない」と言われたけれど、それはお互い様だった。

 よほどの経験や相手に関する情報がない限り、相手の気持ちを性格に把握することは難しいと思う。

 

 ならばそれがないうちはどうやって相手といるべきなんだろうか。

 

 それは気持ちを伝え合うことだと思う。

 

 こういう時にはこう思うんだ。

 こういうことをされると嫌なんだ。

 こういうことは言わないでよ。

 

 これを細かくやるしかない。

 

 お互いがお互いをわからない前提で、わかろうとして、少しずつわかっていく。

 これがいい関係なんだと思うのです。