極端な性格

 基本的にゼロサムの考え方をしていると思う。

 中途半端に止めるなら完全に止める。

 やるなら完全を目指す。

 なんでも白黒つけようとする。

 

 これが活きる場面もあるが、人付き合いではやめたほうがいいと思う。

 人の心は割り切れないものだから。

 

 みんな言葉では決めても心では迷っている。

 自分だって実はそう。自分の決定に自信が持てないからしょっちゅう迷ってる。

 

 うれしいけど、かなしい。

 腹がたつけど、安心する。

 面白いけど、切ない。

 こんな風に混ざった感情もある。

 

 好きもそうだと思う。

 好きだけど、好きだから、好きすぎて。

 想像を超える好きの形が山ほどあるのだ。

 

 そんな複雑な感情をゼロサムで、しかも自分の乱暴な主観だけで決めつけるのは良くない。そんなことをしてるから振り回されるし、相手のことも傷つけてしまう。

 本当に反省。

会話のようで会話でない

 「自分の思考に入ると相手がどうとか関係なくなる」

 

 確かにそうだった。

 相手を考える、ということを考えることに集中しすぎて、今、目の前にいる相手のことをこれっぽっちも考えられていなかった。

 

 妙な会話だったんだろうな。

 「自分がこう言ったら、相手はこう思うだろう」

 そう考えて言葉を投げてた。

 

 本当は、自分の言ったことで相手がどう思ったかを見なくちゃいけなかった。

 自分の立てた予想を確認する会話なんて、会話のようで会話じゃない。

 

 だから、あなたのことを全然分かれなかった。

 本当はもっと知りたかったのに。もっと分かり合いたかったのに。

 

 不器用すぎる。もう病的に。

 直していきたい。変わっていきたい。

 

やっぱりつらい

 今回の件で、自分の欠点に向き合うことになったけれどもやっぱり嫌われた事実は辛い。

 

 だけど、こんなことなら付き合わなければよかった。とは全然思わない。

 すごく貴重で楽しい体験をした。まるでジェットコースターのような。

 

 どうして自分はこうなんだろう。もう少しうまくやれなかったのか。

 今日1日こんなことばかり考えて胸が苦しい。

 

 人の気持ちを破壊するようなことをしてきた原因はもう物心ついた頃からに遡る。

 これまでの人生の否定。

 うすうす自覚があったからこそのこの感覚なんだろう。

 

 変わりたい。

 いや、良くしたいの方が正しい。

 

 つらいなぁもう。 

人の気持ちを考えるということができていなかった

 別れたこと以上にショックだったのは、人の気持ちを考えるということができていなかったと言われたこと。

 

 いつの、どの発言、態度のことを言っているのかはわからないけど、これまでの人生で同じようなことがあった気がする。

 一言多いことは自覚していたけども、直そうとはしていなかった。

 

 会話の中で相手の情報を引き出すことは得意だと思ってる。

 これにはノウハウがあるから、パターンで済んでしまう。

 おそらく情報を交換する会話の中で起きたことではないだろう。

 

 それ以外の何気ない会話の中で出たことだと思う。

 ならば何気ない会話の中でもちゃんと集中力を持とう。慣れるまでは。

 

 誰とでも仲良く。とは思っていない。

 でも、仲良くなりたいと思った相手とは仲良くなれるようにしたい。

 性格が合わなくても、考え方が違っても。それでも仲良くなりたい。

 

 これは成長のチャンスだ。

 夜も眠れないくらい心が揺さぶられた。日中、相手のことしか考えられないくらい夢中になった。相手の一挙手一投足に注意を巡らせた。肝心なことは見えてなかったけども。

 すごく苦しくて、すごく楽しい時間だった。絶対に忘れない。

 体で思い知ったこの失敗で成長しよう。

 

 大丈夫、ちゃんとできるから。

 

だいぶ落ち着いてきた

 やることがちゃんとあるせいか、昔を思い出してため息をつくことが少なくなった。

 それはそれでさみしい気もするけど、とりあえず健康的だな。

 

 ただ、やっぱりふとした時に思い出す。

 温かくなったらお花見しようって言ってたっけ。

 冬は出歩くのが辛いから、春はいっぱいいろんなところに行こうって。

 今日は何をしてるのかな。

 

 気持ちを切り替えなきゃね。

 でもこれはこれで特別で、少しうれしくもある。

 

 素敵な思い出を本当にありがとう。

 

次の準備を その2

 

 性格的に物事をばっちり白黒つけて解釈するきらいがある。

 

 これはいい、これはだめ。

 こうならなければならない。こうならなければ意味がない。

 これはかくあるべき。そうでないのは問題だ。

 

 しかし、世の中そんなにばっちり白黒つけられない。

 まるでもばつでもないもの。

 灰色のもの。

 そんなものの方が多い。

 

 今回の失敗だって、ばっちり白黒つけようとしたのが原因だと思う。

 好きか嫌いかを確かめるのに躍起になってた。

 どっちかじゃないと安心できなかった。

 

 でも感情なんてとくに曖昧。

 好きでも嫌いでもないけど、一緒にはいていいと思ってるとか。

 そんなんでもいいんだよ。

 

 

 こういう症状はアダルトチルドレンの特徴に当てはまるみたい。

 気をつけてみよう。

xn--cck0cd1ag5rcj7d1389bu96b.biz

次の準備を その1

 今回の失敗から、自分はどうも恋愛に対してのめり込みすぎる性格なんだと改めて思った。

 なので、次からはこれが原因で失敗しないようにここで反省をする。

 

 

zexy.net

 

引用

 恋愛によって理性や常識を失うことなく、恋愛を長続きさせるコツってあるのでしょうか?ハッピーな恋愛をするためにも、アドバイスをお願いします!

「ポイントは3つ。1つ目は、自分自身を知ること。どのようなことでも悪循環を断ち切るためには“気付き”が必要です。まずは、自分が恋愛によって理性や常識を失いやすいタイプかどうかを知り、そのうえで、自分の言動が行き過ぎていないかを常に判断できるようにしましょう。

2つ目は、きちんとした恋愛観を確立すること。人間は目的がしっかり確立されていないと、道標を失いやすいもの。例えば、同じ“恋愛”と言っても、結婚を目的にしているのか、自分探しや自己成長のためにしているのかでは、恋愛の進め方や恋人に対して要求することも当然異なります。なので、常に自分が何のために恋愛をしているのか、恋人に何を求めるのか、恋愛のスタンスや価値観をきちんと持っておくことが大切です。

3つ目は、お互いに、恋愛によって理性や常識を失ってしまう状態にならない人と恋愛をすること。恋愛は一人で行うものではありません。自分が恋愛によって理性や常識を失ってしまい、友人と交流をしなくなったり、仕事をおろそかにしてしまった時に、きちんと注意して、正してくれるような恋人を選ぶようにしましょう」

 

 1つ目についてはこの記事を書いている時点で達成されているかな。

 

 2つ目は、今回は意識してなかったと思う。相手をどうしたいのか、相手とどうなりたいのかということを全然考えていなかった。だから、一緒にいても何をすればいいのかわからなかったように思う。そして、そのことが更に焦りと緊張を生んでた。だから一緒にいてもなかなかリラックスできなかったのかな。

 

 3つ目は付き合ってみないとわからないと思うけど、今回は相手がちゃんと冷静な人だったな。渦中にいた時は相手が冷静なのを、「自分に興味がないのかも」って思ってたけど、たぶん「恋愛はのめり込むと失敗する」ってことを知ってる人だったんだろうな。よし、相手の姿勢を思い出して、真似てみよう。